いつ死んでもいいように・・・

■いつ死んでもいいように、マンスリー出来事を記載しておこう。使命は遠のいたかも知れないが、掛け替えのない一瞬一瞬を大切に生き、感謝しよう、、、

【5月】モンテッソーリと座禅ワーク@沢井 :初めて長女が不参加、いや卒業ってことだろう。私もたかが知れた感で、モチベ―ションが低かった。がっ、参加してみて直感した。これは、ゆるボランティアとしてライフワークになるものだと。今回は植物学ナビゲーターのもと、奥多摩の自然を満喫した。何気ない当たり前の風景に小宇宙があることを知った。
【4月】5カ月ぶりの職場復帰 :心底、職場の同僚に感謝し、この感謝を行動で示し、少しでも会社に貢献できればと思う日々。同期とは倍額以上の年収差ではあるが、それはもう致し方のないこと、分相応ってことだ、、、
【3月】いな暮らしでの憲法カフェ開催 :憲法は国民が守るものではなくて、国が暴走しないように、国が守らなければいけないものであり、人民が制定したルールだ。国民は不断の努力で、この憲法を、自分たちのために管理・メンテしなくてはならない。その大切さを知った。
【2月】長男と長女がテニススクールへ :長男の友達つながりでテニスを始めることに。中一で武三地区テニス大会で優勝した小生にはうれしい限り。稲城市のテニスコートも月に1,2回かりて練習。家族でテニスができるようになることを夢みるか、、、^^;
【1月】息子への体罰で自己嫌悪↓ :いい年の小生だが、許容範囲が狭く。躾でよくきれ、息子・娘に手を挙げてしまう。今回、ケリを入れたら、自爆し左足のコウを骨折してしまった。おれは本当にどうしようもないバカ人間だ。
【1月】年末年始は、丸沼高原でスキー三昧 :今上天皇陛下もお泊りのご経験がある加羅倉館へ、源泉かけ流し最高っ!息子もスキーに慣れ、これまた最高!
↑↑↑★2017年★↑↑↑

【12月】Jeepチェロキと惜別する :10年以上乗った、チェロキを手放した。上司から譲り受けた15年落ちの車だが、今なお新車状態の輝きとオンリーワンのデザインが兼ね備わっている。最近、運転時のヒヤリハットが頻発したので、これは何かのオボシメシだと思った。断腸の思いで、安全性の高いSUBARUレガシィへ乗り換えた。
【11月】甲状腺機能低下症と診断される! :前述のゲルソン療法では、普通の検診では検査しない血液データを見ながら、塩分の摂取量などを調整する。その血液データの中から、甲状腺にまつわるデータがとんでもなく異常値であった。そのため、本格的に検査した所、甲状腺機能低下症と診断され、甲状腺のホルモン剤チラーヂンを経口摂取することになった。
【10月】第三子を授かる :夫婦ともに念願であった、三人目が無事生まれてきてくれた。10月下旬から産休を取り、3月31日までの5カ月超、育児家事に専念する。掛け替えのない時間、職場の人達に感謝感謝♪
【8~10月】実践!100%ゲルソン生活の1ヵ月半 :8月下旬、氏家さんの所で、ゲルソン療法の生活を5日間体験。その後、自宅でも100%ゲルソン生活を実践した。余りにも、実践負荷が高いので、1ヵ月半でリタイア(妻に感謝感謝♪)。ゲルソンの良い所は、日々の生活に取り込む形で終焉。ゲルソンの肝は、減塩と人参ジュースとコーヒー浣腸、植物由来タンパク質(オートミール)の4点かな~♪
【8月】秋川のダイブ(飛び込み)ポイントへ :兄と娘・息子で、マス釣り、その後ダイブポイントへ。川原でマスを焼いた。来年は家族でテント泊したいものだ。掛け替えのない時間に、感謝感謝♪
【8月】小学生1年生の息子と初のツーリング :稲城の三沢川から多摩川を下り、東京湾まで走破した。羽田空港前にある0㎞ポストでの記念撮影。二人だけの掛け替えのない時間に、感謝感謝♪
↑↑↑★2016年★↑↑↑
スポンサーサイト

ゲルソン療法の診察を受けて・・・

 先日、ゲルソン療法※の指南を受けてきました。ゲルソン療法は、マックス・ゲルソン医師※が提唱した自然治癒力を活性化させる自然療法です。

色々な食事療法を渡り歩き、現在は『ゆるビーガン』の当家。新しい世界の知見を知ろうと、門を叩いた。

初台にある診療所?に向かうと、初めに今の自分の状況を知るために、(血糖値計測と同じ、無痛簡易針で)血を数滴採取。次にその採取した血液を顕微鏡で観察し、現在の血液状況から、体の状況を推測します。そのベースにあるのは、『乾燥血液層』の概念で、下記の画像にある、LAYERED DRY BLOODにあるように、乾燥した血液は、体の状態をそのまま表現していると考えである。

私の血液の状態は、赤血球が少なく、元気がない状態とのこと、当面の処置として、ビタミンCと良質のたんぱく質を、意識的に摂取することだった。

食事療法について、氏家氏が、「食事改善ができる経済的余裕、入手の容易性、調べたり選んだりを楽しめて継続できるか? この3つが揃わないと、食事改善は難しい。」と仰ったことに、妙に納得して、帰宅の途に就いた、、、^^;

※詳しくは、下記リンクをご参照下さい~♪^^;

■URLリンク:GERSON Life(氏家氏の紹介)

■画像:『乾燥血液層』の概念図
11555.jpg


■画像:私の乾燥血液層状態
11554.jpg

早朝に感化されて・・・

 喧騒な社会の中で、時が過ぎ、心と体が鈍化して、
気付けば、昔のようなライフスタイルに戻ってしまった・・・

今を楽しむという意味では、充実したライフスタイルを満喫している。

ただ、本当にそれでいいのだろうか?

それが後悔のない『時』の使い方なのだろうか?

障害者として生き残った者の歩むべく道なのだろうか?

最近は、そんなことを自問することも、無くなりつつある・・・

今は、音楽と詩だけが、昔の感覚を呼び起こす唯一の手段だ。


今朝、ラジオで聞いた曲に、久しぶり感化された。。。

■YouTubeリンク:Jamie Lawson「Wasn't Expecting That」

■歌詞+訳リンク:「およげ!対訳くん」ブログ

無題

梨太郎・会報No.38_活動報告

■件名:月次報告
 6月3日の定例会のあとに開催された、『金曜サロンスペシャル』では、稲城市在住の服部道夫さんが、『稲城は自然の宝庫』と題し、お話し下さいました。

 自然の宝庫、稲城。その自然の保全活動を行われている服部さんが、稲城自然の素晴らしさを紹介下さいました。講演の後には、どうしたらこの自然を持続的に維持できるか?参加者全員で考えました~♪

シュンラン、キンラン、ギンラン、エビネの植物から始まり、蝶などの昆虫、カエルなどの両生類、そして食物連鎖のトップにある、チョウゲンボウ、大タカなどの猛禽類まで、生物多様性に富んだ自然が稲城にある。ちなみに、いま上げた生き物は、日野・八王子などでは見られない、絶滅危惧種Ⅱ類の動植物である!
( 私も今回初めて知った事実ですが、、、^^; )

何故、稲城にはこの様な稀有な自然があるかというと、その生き物の命を支える多摩丘陵と水系が充実しているからだそうだ。

具体的には、西から多摩市から続く多摩丘陵、東からは川崎から続く丘陵地帯があり、その間に挟まれるように、三沢川がある。三沢川はいくつもの渓谷を持ち、平野地帯を造りながら多摩川にながれこむ。その平野には、多摩川の水を引き込んだ、大丸用水(1611(慶長16)年築)がある。これら、自然を維持する多くの要素からなり、その他の郊外市町村から比べると開発が遅れたことも功を奏した。

『稲城の自然は わが街の誇り』と自ら発信する服部さん。貴重な自然を次世代に引き継げるか憂慮している。このことについて、グループセッションを行った。個人的には、市民がその自然に多く触れること、そして子供たちへ自然やその保全活動を通した教育が大切だと感じた。

■次回定例会・開催案内
 第三十二回定例会:7月1日(金)18時半~19時、稲城市・地域振興プラザ1F (毎月第一金曜日の開催です。)

当家の取り組み・・・

先日、妻が講演した資料と、友人に伝承した推薦図書を紹介しやす!?

■画像:当家における食事改善の変遷(→詳細画像リンク
無題

■画像:推薦図書① 優先度: 高  『今あるがんに勝つジュース 済陽 高穂』
無題
 頭頸部​癌は発症​数が少ないため書​籍はもちろんネット上でも​参照する情報が極​端に少なく​困っていたところに、​全国の頭頸​部癌​患者が自​主的に作っていたメーリングリス​トの存在を知り​参加し、​病院​情報などを聴いていたところ、あ​る方がこの本を​薦めてくださり、​初めて西​洋医学以外の「​食」に意識が向い​たきっかけになった本です。

■画像:推薦図書② 優先度: 高  『今あるガンが消えていく食事 済陽高穂』
無題
 上記ジュースと一緒に「​食事」についてのこちらの本も一​緒に購入しました​。 この二​冊が最初に​食を変える第一歩​でした。全くの(​知識の​無い)素​人に解りやすく、​実践的だったので​藁をもすがる思いで出来ることを​やりました。

■画像:推薦図書③ 優先度: 最高  『フィット・フォー・ライフ ハーヴィー・ダイアモンド他』
無題
 テレビや雑​誌等で波のように​やってきては去っ​ていく食や​健康法の「​流行」は、ほとんどすべてこちら​の本の中身を切り​取って大げさに伝​えているものです。​原点のような健康​本なので一度は読​んだ方が​良いです。

■画像:推薦図書④ 優先度: 最高  『乳がんと牛乳 ジェイン・プラント他』
無題
 乳製品と​乳がんの関係で、ここまでしっか​り書いてあるのは​珍しいです。翻​訳本特有の​読みにくさはあるものの、​急性期に食事を変​えるときは重要な​項目においては​徹底すべきことがわかると思いま​す。

■画像:推薦図書⑤ 優先度: 低   『葬られた「第二のマクガバン報告​」 T・コリン・キャンベル他』
無題
 Fit for​ lifeの中身​が腑に​落ちるようであれば​読んでみると理解​が深まるもの。上​中下あってボリュームが多いし、​ほとんどはチャイナスタディと​言われる中​国での食と発​癌についての研究​とその結果やそれ​を隠​蔽しようとした食​産業や医​療界への告発的内​容なので、興味が​あれば読む​程度で良いと思い​ます。(闘​病が長引いた時に​は読むと、医​療に頼らず自​分で治さなければならない事が身​に染みて​感じられます)

■画像:推薦図書⑥ 優先度: 低   『ゼロから始める玄米生活 西日本新聞社他』
無題
 玄​米菜​食をずっと実​践している九​州のある保育園で​のエピソードとレシピ本です。

■画像:推薦図書⑦ 優先度: 低   『粗食のすすめ 幕内 秀夫』
無題
 山に囲まれアクセ​スが悪い事が​幸いして近年まで​昔ながらの食​生活を続けていた​長寿村が、​大きな道路が​通ったことで西​洋食が​急激に増​加し外​食率がアップした​ことで、「逆さ仏」といわれる8​,90代が元​気でその子供世代である5,60​代が癌や​心疾患で先に、、​というような食が​どれだけ大切かを​平易な​言葉で記している​読み易い本。カロ​リー栄養学でしか​考えない現在の学​校給​食がいかにおかしいかについても​著作がある。

■画像:推薦図書⑧ 優先度: 高  『人体常在菌のはなし 青木 皐』
無題
 人​体の免疫の​要は「腸」の細菌​の種​類の豊​富さと善​玉菌が​活躍できる​環境が7~8割で​あとは遺伝的​要素とメンタルに​影響されると​言われていますが、その腸内​環境について楽し​く、実​際的に知るにはと​ても良い本です。

■画像:推薦図書⑨ 優先度: 高   『病気がイヤなら「油」を変えなさ​い! 山田 豊文』
無題
 マーガリン、ショートニングがど​うしていけないのか、エクストラ​オリーブオイルを選ぶときの理由​である産​地と加​工地​・圧搾​方法​・瓶の​色について、オメガ3系油​脂(亜麻仁油、え​ごま油)がなぜ必​要で、どのようなものをどうやっ​て摂らなければい​けないかが分かり​ます。

■おわりに、、、

 何人にも慮れない、あなたの状況と心境に、私は心から涙します。少しでも、前進し、少しでも掛け替えのない時を過ごせる様にと、心から祈っています。
プロフィール

土屋 なった

Author:土屋 なった
何事も一歩から始まる。仲間と力をあわせ、故人を慮りたい。

カテゴリ
カウンタを付けてみた^^
最新記事
月別アーカイブ

MONTHLY

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR